西本 貴俊

  1. ホーム
  2. 仕事紹介
  3. 西本 貴俊
西本 貴俊
西本 貴俊
西本 貴俊Takatoshi Nishimoto
西日本支社販売部 国際販売グループ
2008年入社 / 文学部 文化歴史学科 卒
お客さまと当社の「win win」の関係を築くことが大切

 就職活動ではいくつかの業界研究をしましたが、第一志望は高校時代から興味を持っていた旅行業界でした。業界研究を進めるなかで、JALの航空券とジャルパックの旅行商品を販売するジャルセールスという会社を知り、この会社を選びました。
 入社後は海外業務手配グループで、国際線の団体旅行手配や発券業務を経験した後、高松支店に転勤し、初めて営業を経験しました。高松支店は県内の企業や旅行会社のお客さまなどにJAL高松〜羽田便を販売することが主な仕事です。
 地方支店は、営業以外の広報や宣伝といった仕事があるため、業務の幅が広がると共に、その県を代表するJALのセールスパーソンとしての自覚を持つことができました。
 現在は、西日本支社販売部 国際販売グループで、旅行会社の担当をしています。主な仕事は、旅行会社さまが造成するパッケージツアーにJAL便をご利用いただくための営業をします。営業では、こちらの要望だけを主張するのではなく、旅行会社さまのニーズを伺うことが大切です。営業や交渉というのは対立を想起しますが、そうではありません。共存共栄が基本です。こちらだけ、首尾よくいったと満足するのではなく、「相手に喜んでいただけたのか?」両社が「win win」の関係になれるているのか?を常に意識し仕事をしています。
 旅行会社のお客さまとの商談に際して、販売を企画する部署と価格や契約席数、契約条件などの調整をします。私の営業活動で旅行会社さまに喜んでいただき、その先のJALをご利用いただくお客さまに喜んでいただいたときに、この仕事のやりがいを感じます。
 近年、価格競争はますます厳しくなりますが、常にお客さまのことを想い、献身的に尽くすことで、お客さまに選んでいただける、プロの航空営業マンになりたいです。

想いを商品にし、成果を出す

 営業で成果を上げるには、お客さまにJALを好きになってもらうことです。そのためにはまず、担当営業である自分を好きになってもらわなければなりません。いきなり商談を始めるのではなく、仕事以外の軽い話題でリラックスした状態を作るなど、コミュニケーションを取ることが大切です。また、信頼を得るためには、お客さまからのメールにすぐに返信する、商談や複雑な話しは、必ずお客さまのところに出向く、そして、商談にはしっかりとした事前準備をして臨むことを、常に心掛けています。
 私たちの仕事の面白さは、航空券という形がないものをお客さまと商談を重ねることにより、団体旅行やパッケージ旅行など、自分の想いがこもったさまざまな商品に変換できることです。
 商談は価格や条件の交渉だけでなく、タイアップキャンペーンなどの提案もあります。高松支店の時に、地元の食品メーカーの商品を購入すると国内線の航空券が抽選で当たるキャンペーンを提案しました。こちらから賞品の航空券を提供する代わりに、お客さまの出張はJAL便を使っていただくという提案です。実際に、多くのお客さまにJAL便をご利用いただいたり、自分が提案したキャンペーンのチラシが露出されているのを見ると大きな喜びとやりがいを得ました。自分の創意工夫を、周囲を巻き込み商品化し、汗をかいたぶん結果も残せる。これが営業の醍醐味です。
 現在は、当初より希望していた国際線の営業に就いていますが、今後は旅行会社だけではなく、企業のお客さまへの営業、また販売を企画する部門も経験することにより、国際線に関する知識をより深め、仕事の幅を広げていきたいと考えています。

Column - One More Thing
コミュニケーションの大切を知った出来事

 高松支店に着任したばかりの頃の出来事です。旅行会社から修学旅行の問合せをいただきました。その学校は毎年修学旅行にJALを使っていただいていたこともあり、旅行会社さまにお見積りを提示したまま、フォローをしていませんでした。しばらくすると、旅行会社さまから「今回はJALを使わないことにしました」という返事をいただきショックを受けました。当時、例年通り受注できると思っていましたが、後日、受注できなかったのは私が旅行会社とのコミュニケーションを疎かにしていたことが原因だと気付き反省しました。
 その学校は、旅行会社さまの、とても大切なお客さまです。受注できなかった理由を聞きに訪ねた時、所長から、「あなたには私のお客さまを任せられない」と、はっきりと言われました。
 それからはお客さまとの信頼関係の構築を第一に考え、毎日営業に出向いて、コミュニケーションを取るように心がけました。そして翌年、その修学旅行を受注することができました。旅行会社の大切なお客さまを安心して任してもらうために、認められ求められる営業マンになりたいと思う、貴重な体験となりました。

Profile
プロフィール
  • 1984
    奈良県大和郡山市に生まれる。教師(小学校)の両親と3人兄弟の長男として育つ。旅行好きの両親に育てられ、日本全国の旅行に連れていってもらった。
  • 1991
    母親が先生をしている小学校に入学。柔道教室に通っていた。
  • 1997
    中学校ではサッカー部に入部。3年間補欠だったがやり抜いた。
  • 2001
    高校時代、旅番組を見るのが好きになり旅行業界に興味を持ち始めた。
  • 2004
    一浪の末、大学に入学。浪人時代は、人生二度と無いほどストイックに勉強した。次第に苦痛だった勉強は楽しくなり、無事大学に合格。何事も興味を持ち始めれば楽しくなると学んだ。また大学時代に経験した飲食店のアルバイトを通じて、人と会話をする楽しさを学んだ。
  • 2006
    本格的に旅行業界を志し、大学での学業、アルバイトの傍ら勉強して、総合旅行業務取扱管理者の資格習得。
  • 2007
    大学4年。卒業旅行に男2人でカナダ イエローナイフに行く。雄大な自然と美しいオーロラ。現地の人とも意気投合、夕食まで御馳走に。旅は出会いだと実感した。
  • 2008
    ジャルセールスに入社。10人の同期ととても親しくなり、今でも心の支えとなっている。最初は、国際線手配部門に配属。ここでの経験、知識が今の自分の国際線営業の基礎となっている。
  • 2010
    高松支店に異動。初めての営業で、はじめは営業に出ることがとても怖かったが、毎日お客さまのところに通い、次第にお客さまとも仲良くなり営業が楽しくなり始める。
  • 2011
    3年間付き合った彼女と結婚。新婚生活は香川県からスタート。
  • 2013
    西日本支社へ異動。大手旅行会社の担当となり、プレッシャーが大きい分やりがいはとても感じて業務にあたっている
My Item
私のアイテム

私の最大のビジネスツールは携帯端末機です。メールやスケジュールはすべてオフィスのパソコンと同期しており、いつでもどこでも確認できます。外出時は片時も離さない強い味方です。

Carrier
キャリアパス

2008年~ 海外企画部海外業務手配グループ
2010年~ 高松支店
2013年~ 現職

マイナビ2018

このページの先頭へ