長与 啓介

  1. ホーム
  2. 仕事紹介
  3. 長与 啓介
長与 啓介
長与 啓介
長与 啓介Keisuke Nagayo
山口支店
2009年入社/経済学部 経済学科 卒
地域の皆さまとともに挑む「街づくり」

 ジャルセールス山口支店は現在4名の精鋭メンバーが在籍しており、岩国市を除いた山口県内の旅行会社、法人・企業、経済団体、自治体といったお客さまを対象に営業活動を行っています。山口宇部から東京へ発着するJAL便は、1日に往復4便。そのすべてを満席にして空へと送り出すことが、私たち山口支店に課せられたミッションです。ジャルセールスには現在20を超える地方支店がありますが、支店での仕事は首都圏とは少し異なる特徴があります。それは、私たち自身も地域活性化の担い手として、より地域に密着した営業活動が必要となるということです。私は旅行会社、法人企業、自治体のお客さまへの営業を担当していますが、営業を通じて改めて感じることは、お客さまに飛行機をご利用いただくためには、人を呼び込むための仕掛けづくりが大変重要だということ。その一環として、「山口クリスマス市プロジェクト」(※)への参画や、「JAL向津具(むかつく)ダブルマラソン」の開催など、山口県内のさまざまな街おこしの取り組みに参画しています。県内外の方々に山口県の魅力を知っていただき、多くの方々にお越しいただく。そして、そのときはJAL便をご利用いただけるよう、JALの看板を背負って地域の皆さまと一体となり、街を盛り上げていくことも営業の重要な役割の一つです。

(※)山口クリスマス市プロジェクト……山口市が日本のクリスマス発祥の地であるという史実に基づき、毎年「12月、山口市は山口クリスマス市になる」をキャッチフレーズとして行われる街おこしプロジェクト。

お客さまを想い、提案すること

 機内の座席数には限りがあり、また法人や旅行会社などさまざまなチャネルでの販売を行っていることから、ときにはお客さまからのご要望にお答えすることが難しい場合もあります。先日、私が担当している旅行会社さまより、出発間際での団体申し込みがありました。その人数はなんと50人! 当社・他社ともに座席確保が大変厳しい状況でした。しかし、困難な状況にあってもいかにお客さまのご期待に沿うご提案ができるかが、営業パーソンとしての真価が発揮されるところです。お客さまのご予定を詳細にヒアリングし、ご希望の便から席に余裕のある便への行程変更をご提案したところ、無事、皆さまにJAL便にお乗りいただくことができました。お客さまからは、厳しい状況の中で座席を確保したことに対して感謝の言葉をいただき、自分の仕事が収益をあげるだけでなく、お客さまにお喜びいただけるものなのだという実感を得られた案件でした。
 営業に携わる人間にとって、やはりお客さまからいただく「ありがとう」の言葉が仕事の何よりの醍醐味です。私たちの販売している航空座席は、自分たちで自由に形を変えられる商品ではありません。しかし、だからこそ営業それぞれが本当にお客さまのことを考え、最もお喜びいただける提案をする「提案型セールス」を徹底することが非常に重要です。JALグループの一員として、「お客さまに最高のサービスを提供する」という、同じ目標を掲げる仲間たちと切磋琢磨できることが、当社の魅力の一つだと考えています。

Column - One More Thing
皆さまの心の中に“JAL”の思い出を

 山口宇部空港では、毎年「夜の航空教室」というイベントを開催しています。。実機を用いたコックピット見学や仕事紹介など、地域のお子さまたちに夏休みの思い出づくりをしてもらおうと、空港各所と連携して催しているものです。当日は、主役であるお子さまたちのみならず、同伴されたご両親の皆さまからも「感動した!」「是非JALに乗って旅行したい!」など、温かい言葉をいただき、空港スタッフ一同大感激。企画から始まり、開催までにはとても多くの調整が必要ですが、毎回大成功で終えることができ、忘れられないイベントとなっています。
 空港では、パイロットやCAの方々はもとより、日々実に多くのスタッフがそれぞれの役目を果たすために働いています。一人でも多くのお子さまが空港、そしてJALでの仕事に興味を持ち、将来の「JAL」を担う仲間となってくれたら嬉しいです。

Profile
プロフィール
  • 1986
    福岡県北九州市の地に、2人兄妹の長男として生まれる。幼少期から活発で、近所の年上のお兄ちゃんたちに交じって遊んでいた。
  • 1995
    地元のサッカークラブに入部。雨の日も雪の日も練習に明け暮れた。小学校では学年で1位2位を争うほどの俊足だったこともあり、運動会やリレー大会が楽しくて仕方なかった。
  • 1999
    中学校へ進学。サッカー部の強豪校で毎日休みなく練習する。部活動の走り込みにより、長距離走の才能が開花。「将来は箱根駅伝を目指せ」と、陸上部の先生に鼓舞され、駅伝大会出場のため数ヶ月間陸上部に在籍した。サッカーよりも駅伝大会で好成績を残す。
  • 2005
    大学に入学。小学校3年生から10年間続けてきたサッカーだったが、大学のサッカー部には入部せず。代わりに社会人サッカー部に所属し、幅広い世代の先輩方とコミュニケーションをとることの重要さを知る。
  • 2007
    大学3年に進級。旅行に目覚める。当時、高速道路料金が一律1,000円だったこともあり、福岡を拠点として九州・中国・四国の全県を制覇した。
  • 2009
    ジャルセールスに入社。入社後の東京研修で早速東京の同期と打ち解ける。大阪・北海道の同期ともすぐに打ち解け、同期の絆は今でも固く結ばれている。
  • 2011
    熊本支店に転勤。初めての営業と初めての一人暮らしに悪戦苦闘。
  • 2013
    JALスカイ九州 福岡空港本店へ異動。グランドスタッフとして、1便を運航するために多くの仲間たちが携わっていることを肌で実感。また、1分1秒を争う現場を目の当たりにし、「最高の仲間」と「最高のバトンタッチ」を経験することができた。
  • 2015
    山口支店に転勤。生まれ育った九州とは異なる県民性に驚かされる毎日。
My Item
私のアイテム

卒業祝いで大学からいただいた名刺入れを現在も愛用中です。社会人としてスタートを切ったときから、さまざまな出会いをともに経験してきた、まさに「相棒」です。

Career
キャリアパス

2009年4月~ 福岡支社 予約・発券グループ
2011年1月~ 熊本支店
2013年4月~ JALスカイ九州 福岡空港本店 出向
2015年4月~ 現職

マイナビ2018

このページの先頭へ