氣賀 美和子

  1. ホーム
  2. 仕事紹介
  3. 氣賀 美和子
氣賀 美和子
氣賀 美和子
氣賀 美和子Miwako Kiga
Web販売部 Web・コールセンター企画グループ
2015年入社/外国語学部 フランス語学科 卒
Webサイトの品質が、業績に直結する

「楽しさを提供し、たくさんの人に喜んでもらいたい」。就職活動に際しては、この考え方を軸にさまざまな企業を視野に入れていました。また、学生生活でフランス語を学び、海外留学の経験もあったため「海外とつながりのある航空会社か旅行会社がいい」と漠然と思っていました。その中でジャルセールスの魅力に触れたのは、選考のときです。一次面接を終えると、出口で人事部の方が待っていてくださり、「どうだった? 緊張したでしょ?」と笑顔で話しかけてくれました。なぜか、その一瞬でジャルセールス社員の人に対する温かさを感じ、「この人たちと働きたい」と心に決めていました。
 現在所属しているWeb販売部は、企画・販売・海外Web・one to oneマーケティングと4つのグループに分かれており、JALのホームページやスマートフォンサイトの企画・運営を担っています。そして、一人でも多くのお客さまにJALの魅力を知っていただき、ホームページから航空券をご購入いただくことを目指しています。
 Web販売部の中でも、私は企画グループに所属しており、Webサイト上の国際線ページの企画・運営を担当しています。航空券販売におけるWeb販売のシェアは年々高まってきており、24時間365日利用できる直営店として、多くのお客さまにご利用いただいています。そのため、Webの売上がJAL全体の収益を支えていると言っても過言ではありません。私たちが企画するキャンペーンやWebサイトの品質が、会社の業績に直結する。そこには大きな責任がありますが、同時に働く醍醐味でもあると思っています。

JALグループの結束力を実感する日々

 私の担当している国際線は現在6名のチームで業務を行っています。ジャルセールスの私をはじめ、予約・発券知識を豊富に持つJALナビア、JALグループ全体のブランディングを担うJALブランドコミュニケーションなど、各部門のスペシャリストが一丸となり、プロジェクトを進行させます。例えば、1つのキャンペーンを実施する際には、まず、ターゲットとするお客さまの年齢や性別、サービス・商品の内容、施策期間などを設定。そして社内の承認が得られると、主として私が窓口となり、関連部や制作担当と連携を取りながら作業を開始。写真やデザイン、キャッチフレーズなど、さまざまな要素を細部にまでこだわります。Webページが完成するのは企画が始まってから、2〜3週間といったところです。もちろん、大変なことも多いですが、その分達成感もひとしお。また、チームのメンバーとともにゼロからWebページをつくり上げることで、JALグループの結束力を実感します。
 仕事をする上で大切にしていることは、「パーフェクト」を目指すこと。Webサイトは、一日に何万人ものお客さまが閲覧されます。そのため、システムや表示などの些細な誤りが、会社にとって大きな損失を生む場合もあります。だからこそ、企画や制作にこだわりを持つとともに、あらゆる部分でミスが起きないよう細かく確認し、「パーフェクト」を目指しています。
「楽しさを提供し、たくさんの人を喜ばせたい」。学生のときに抱いた志は今でも変わりません。まだまだインプットすることが多く、忙しい毎日を過ごしていますが努力を惜しまず、JALグループの一員として、お客さまにたくさんの「喜び」を提供していきたいです。

Column - One More Thing
理由や意味を考えることが大切

 Web販売部に配属されて間もない頃、航空券の購入・予約システムの管理業務に携わりました。その中で運賃販売に関わるシステムの変更が必要になったため、担当部署に協力を依頼しました。
 しかし、タイトなスケジュールでの作業ということもあり、システム担当の方に「まず、なぜその作業が必要なのか」と説明を求められました。しかし、知識や経験もない私は言葉足らずな説明しかできません。それもそのはず、当時の私はただ上司や先輩から言われたことをこなすのが精一杯で、「なぜその作業が必要なのか」といった理由や意味を全く把握しないまま、担当部署に依頼していたのです。最終的には、先輩から再度説明をしてもらい、無事担当部署に作業に着手していただけましたが、悔しさと不甲斐なさが入り混じったあの感情は今でも忘れられません。
 この経験から、仕事の一つひとつを単にこなすのではなく、小さなことでも常に「なぜそれが必要なのか」、理由や意味を考えるようになりました。また、あのときお世話になった先輩からは、今でも毎日のように仕事のアドバイスをもらっています。プライベートでもご飯を食べに行くことも多く、私のお姉さんのような存在です。

Profile
プロフィール
  • 1991
    神奈川県川崎市生まれ。3歳下の弟と、9歳下の妹の3人兄弟。いつも弟と妹を引き連れて遊んでいた。
  • 1999
    初めての海外旅行は8歳のとき。JAL便でホノルルへ。ハナウマ湾の魚にびくびく。
  • 2008
    部活に打ち込んだ学生時代。このときにフランス語の勉強も始め、何となく海外に興味をもつようになった。
  • 2012
    大学でも引き続きフランス語を学ぶ。またフランスへ留学も経験。異国での生活は楽しいことも辛いこともあったが、全てが良い経験になっている。
  • 2014
    ソラマチにある土産物店でアルバイト。訪日外国人の方と触れ合い、日本の魅力を発信する楽しさを知る。
  • 2014
    ジャルセールスへ入社を決める。同期とは入社する前から温泉旅行へ行くぐらい仲良し。今は全国へ散らばっているけれど、大切な仲間。
  • 2015
    初期配属はJALナビアの国際部。1年半の短い間だったものの、先輩方に支えられながら、予約・運賃などあらゆる知識をつけることができた。お客さまと直接お話しする機会が得られたことは、今の業務でも役立っている。
  • 2016
    現職。予約センターでの経験から、多くの人が目にするJALの「顔」であるWebに携わりたいと思うように。ノートパソコンを片手に走り回る日々。
My Item
私のアイテム

入社時から愛用しているMY電卓。運賃の確認や実績・予測を立てるときには欠かせません。何の変哲もない電卓ですが、チョコミント色がお気に入り(でもチョコミント自体は苦手です)。

Career
キャリアパス

2015年4月~ JALナビア 東京センター国際部予約室 出向
2016年10月~ 現職

マイナビ2019

このページの先頭へ